奈良のドライブなら?奈良公園で鹿と戯れるコース

奈良のドライブでは、奈良公園で鹿と戯れて、
東大寺、興福寺で古都のロマンを堪能した後に、万葉集にでてくるような古都を偲びながら、奈良奥山ドライブウェイを通るのはいかがでしょうか?
奈良奥山ドライブウェイは、観光名所となっている奈良公園の東側です。

時間があるなら、奈良公園で東大寺、興福寺にも足を運んで見てください。
そして、あの有名な鹿たちにに、鹿せんべいをあげて童心に変えるのもありですね。

draibu

奈良公園といえば、修学旅行でも有名な観光スポット。
もしかしたら、訪れたことがある人も多いかもしれません。
私は、ぼーっと鹿せんべいを持っていたら、鹿がせまってきて、思わず鹿せんべいを落として逃げた記憶があります 笑

大人になった今となっては、懐かしい思い出です。
東大寺、興福寺も、歴史の教科書で有名ですが、大人になってあらためて出かけると、昔とは違った新鮮な気持ちになれると思います。

奈良公園付近の見どころは、「奈良公園へようこそ – 奈良公園ガイド::みどころMAP」さんが便利にまとめてくれているのでご紹介しておきますね。

奈良公園へようこそ – 奈良公園ガイド::みどころMAP

古都奈良の魅力をたくさん再発見してみてください。

出張中にリラックス♪奈良の天然温泉付きホテルと乾燥肌対策

寒暖の差が激しくなると、乾燥肌に悩む人いるのではないでしょうか?

乾燥肌がひどい知人が出張で出てくるというので、奈良駅からほど近い天然温泉付きのホテルを紹介しました。ホテルの地下から温泉が湧いているんですよ!

奈良ロイヤルホテルというのですが、出張ついでにリフレッシュというのもいいと思います。

奈良ロイヤルホテル
〒630-8001 奈良県奈良市法華寺町254-1
電話:0742-34-1131

最寄り駅は新大宮駅(徒歩10分)
奈良駅(車・タクシー10分)

奈良駅からだとタクシーになっちゃいますが、じゃらんnetなどでお得なプランもでています。よかったら検索してみて下さいね。

 

いつもは肌が乾燥しにくい人でも寒い季節になるとカサカサになってしまうこともあるので、洗顔後やおふろの後は化粧水や保水をしっかりしたり、乳液を使うことをおすすめします。

寒い季節になると肌荒れや、肌トラブルが増えるので、スキンケアを怠けないようにした方がいいです。きちんと保湿しておくことと血をよくめぐらせることが寒い季節のスキンケアのポイントです。肌荒れが気になる時には、セラミドを与えてあげてください。

このセラミドというのは角質層の細胞と細胞の間で水分や油分を含んでいる「細胞間脂質」です。角質層というのは角質細胞が重なり合っていて、このセラミドが細胞同士を上手く糊のように繋いでいます。健康的な皮膚を保つバリアのような働きがあるため、充分でないと肌荒れが起きやすくなるのです。

「美肌を保つ為には、タバコはダメ!」という言葉をよく聞きますが、それは美白に関しても同様です。本当に肌を白くしたいと考えておられるなら、タバコはすぐに止めるべきです。

その理由として最上のものとされているのが、喫煙によるビタミンCの欠乏です。タバコを吸うことによって、美白に必須なビタミンCが壊されてしまうのです。

保水能力が小さくなると肌のトラブルを引き起こす原因になるので、警戒してください。では、保水機能を上昇させるには、どのように肌を守るのかを試すと良いのでしょうか?保水機能アップに効きめのある肌ケアは、血液の流れを潤滑にする、肌に良い成分をたくさん含んだ化粧品を取り入れる、きちんと洗顔する習慣をみにつけるという3点です。

肌が潤わなくなると肌トラブルを引き起こす可能性が高くなるので、ご注意ください。

では、肌を潤わせるためには、どのような肌の守り方をやっていくのが効果的なのでしょうか?保湿に効果的な肌のお手入れ方法は、血を循環させる、美容、成分を豊富に含んだスキンケアをする、洗顔に気を付けることです。ヒアルロン酸は体の中にもあるタンパク質と合体しやすい性質を持った「多糖類」であるドロドロの成分です。

大変保湿効果があるため、化粧品やサプリメントと言われれば、おおかた普通といってよいほどヒアルロン酸が中に入っています。歳をとると共に少なくなっる成分なので、自ら望んで取り入れるようにしましょう。

エステはシェイプアップだけではなくスキンケアとしても利用できますが、プロの手によるハンドマッサージや高価な機器などを使用して肌をしっとりさせます。エステを訪れフェイシャルコースを受けた人がかなりの割合で女性たちの間でスキンケアにオイルを使うという方も最近よく耳にします。毎日のスキンケアの際にホホバオイルやアルガンオイルを使用することで、保湿力アップを期待できます。オイルの種類を選ぶことによっても効き目が違いますので、適度な量の、自分のお肌に合ったオイルを使ってみるといいでしょう。

さらにオイルの質もとても大切ですし、古いものは使わず、新鮮なものを使うようにしましょう。